ガンダム芸人若井おさむの過去

若井おさむは、吉本興業に属するお笑い芸人で、NSC大阪校の24期生です。

若井おさむは、人気アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイのものまねをしながらのコントがウケ、人気上昇中なのです。

ところが若井おさむは、幼少期から実母と実兄からの虐待に苦しめられていたという衝撃的な事実も有名です。

若井おさむはこの頃、インドを含めたアジアへ旅立ち、自殺を考えていたというから驚きですね。

若井おさむの自殺を阻止したと言われているのは、若井おさむが敬愛しているダウンタウンの松本人志が教師役で出演していたドラマを見てからだったと言われています。

若井おさむはニューキャラ

若井おさむは、“ガンダム芸人”と呼ばれているお笑い芸人であり、ダウンタウンの松本人志を尊敬しています。

若井おさむは、幼少の頃から母親、兄に虐待をされており、自殺まで考えたという、大変苦労の多い人物でもあります。

若井おさむは『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイという主役のものまねが非常にうまくガンダム好きな視聴者からの人気は絶大で、7月8日(ガンダムの型式番号RX-78からきている)には、3年前に知り合った一般女性と入籍したばかりです。

若井おさむは元々“はちみつメロン”という漫才コンビのボケ担当だったが、2003年から一人で活動するようになりました。

スポンサードリンク